30セカンドの取引プラットフォームは使いやすい?

30セカンドはバイナリ―オプションの中でも30秒と非常に短い時間で行うシンプルな取引で、海外業者を中心に多くの業者で取り扱われています。もともとバイナリ―オプションは、目標レートより高くなるか低くなるかの2者択一ですので、初心者の人でもルールが分かりやすいものでしたが、30秒という短い時間での予想ですので、さらに分かりやすくなっているといえるでしょう。

 

30セカンドの取引プラットフォームは、取り扱っている業者によって多少の違いはあるものの、発注などの方法はほとんど変わらないと考えて良いです。今回は、トレードラッシュによって提供されているプラットフォームを例として、発注方法を説明したいと思います。

 

30セカンドの取引プラットフォームの発注方法

30セカンドの発注方法はシンプルでわかりやすいものになっています。画面を見ると直感的に操作できるようになっているので、マニュアルなどを熟読しなくても使いこなすことができるはずです。以下の発注方法は多くのプラットフォームでほとんど同じです。

 

@通貨ペアを選ぶ
Aレートの方向性を決める
B投資する額を決める
C発注ボタンを押す

 

このわずか4ステップで発注できてしまいます。発注ボタンを押した直後にはキャンセル用の画面が表示されますので、もし発注内容が間違っていればこの段階でキャンセルすることができます。

 

もし、キャンセルする必要がなければ何もする必要はありません。キャンセルせずに少しの間待っているとこの画面は消えます。キャンセル用の画面が消えた段階で発注完了です。

 

取引時間が終わって確定すると、現在の状況が下部に示されます。もしその下部の状況の部分が緑色であれば、予想が当たっていたということです。同じ部分が赤色であるならば、残念ながら外れてしまっていたということです。

 

30セカンドの取引は簡単で、各プラットフォームでの発注方法もわかりやすいものとなっています。初心者であっても簡単に投資することができるはずです。

30セカンドの取引プラットフォームの発注方法/ 30秒オプションの評判・コツと攻略法関連ページ

メリットを最大限に生かした取引
攻略法
魅力と注意点
銘柄を探す
自動売買ソフトも登場
30セカンド提供業者

このページの先頭へ戻る